4人の医師

身体を蝕む細胞は徹底破壊|癌は放射線治療で取り除くことが出来る

転移を防ごう

医者と患者

胆のうがんは悪性のため、見つけた場合はすぐさま治療をしなければなりません。そのままの状態で過ごして進行してしまうと、様々な臓器に転移する可能性があります。胆管やすい臓、リンパ節など様々な臓器に移ってしまう可能性がありますので、しっかりと検査を受けた方が良いです。すい臓は症状を表しにくい臓器ですし、リンパ節は血液が流れていますので全身にがん細胞が巡ってしまうことがあるのです。重篤化する前に適切な治療を受けましょう。

腹痛や嘔吐、体重減少や黄疸、白色便や黄疸尿、皮膚のかゆみなどの症状がある方は、胆のうがんのリスクが高まるでしょう。腹痛や嘔吐、体重減少や皮膚のかゆみはストレスや食生活など様々なことが原因で起こる場合がありますが、それらの症状が続く場合は胆のうがんが原因となっている可能性があります。白色便や黄疸尿などは滅多にないことのため、この症状に悩んでいる方は胆のうがんの初期段階と思っていた方が良いです。

胆のうがんの検査は血液検査やエコー検査、CT検査、MRI検査などで行ないます。他にも超音波内視鏡検査や磁気共鳴胆管膵管撮影などで更に精密に調べることもあるのです。状態に合わせて検査方法が異なってきますので、まずは医師に診察をしてもらってから検査に進みましょう。
治療は臨床病期によって変わってきます。発見が早いほど切除をして病巣を取り除くことが可能ですが、遅れると切除不可能となってしまいます。化学療法や放射線治療を行なうことになります。

Copyright© 2016 身体を蝕む細胞は徹底破壊|癌は放射線治療で取り除くことが出来る All Rights Reserved.