4人の医師

身体を蝕む細胞は徹底破壊|癌は放射線治療で取り除くことが出来る

こまめな検査が重要

患者と看護師

胃の内側にある粘膜にがん細胞が増殖すると胃がんになります。少しずつ増殖をするため胃がん検査をしても早期発見することが難しいと言われており、見つけた時には大きくなっていると言われています。内側から外側にかけて浸潤するため、大腸やすい臓などの近い臓器にもがん細胞が広がってしまうのです。なるべく早めに発見をすることで転移を未然に防ぐことが出来ますし、転移していたとしても初期段階で取り除くことが可能です。

胃がんは喫煙や食生活、ヘリコバクターピロリ菌など様々なことが要因となって起こると言われています。ヘリコバクターピロリ菌が持続感染すると特に胃がんの発生確率が上昇しますので、一度検査をしてもらった方が賢明です。もしも、この菌が多い場合は医師の指示通りに行動をして菌を少なくしましょう。また、喫煙量を減らす取り組みを行ない、塩分の過剰摂取も控えなければなりません。これらのことを守ると胃がんになる確率を少しでも下げることが出来るのです。

症状として胃痛や胃の不快感、胸焼けや吐き気などが起こりますが、これだけでは胃がんと断定することが出来ません。胃潰瘍や胃炎でもこのような症状が表れるため、検査をして明確にしなければならいのです。このような症状が見つかり胃炎や胃潰瘍の検査を受けたつもりが、稀に胃がんを発見したと言うケースもあるのです。ですから、あらゆる胃腸症状が表れる場合は検査をした方が良いということが分かるでしょう。40代以降の方はとくに胃がんになりやすいですので、年齢を意識しておくことも必要です。

Copyright© 2016 身体を蝕む細胞は徹底破壊|癌は放射線治療で取り除くことが出来る All Rights Reserved.