女性ナース

身体を蝕む細胞は徹底破壊|癌は放射線治療で取り除くことが出来る

転移を防ごう

医者と患者

胆のうがんが進行するとすい臓やリンパ節に転移するため、転移しないようにするためにも早めに検査をして適切な治療法を選ばなければなりません。早期発見に繋げるためにも初期症状に気づくようにしましょう。

詳しく読む

身体的負担が少ない治療

医療用ベッド

癌治療は様々な種類がありますが、その中でも放射線治療は有名でしょう。癌細胞そのものだけに攻撃することが出来るため、健康な細胞を破壊するようなことはありません。外科的手術と異なり手術をして取り除く必要がないため、治療の負担を減らすことが出来るのです。複雑な箇所に癌が出来ると外科的手術をするのが難しいでしょう。医師の技量が問われますし、患者も不安が募るばかりです。しかし、放射線治療なら複雑な箇所の癌治療も行なうことが可能ですので、この治療方法を選択する方が多いのです。身体的負担を減らせることから高齢者でも受けやすい治療法の1つです。身体を蝕む細胞は徹底破壊し、健康体を取り戻しましょう。

気になるのが副作用です。抗癌剤の場合は髪の毛が抜け落ちる、強い吐き気に襲われるなどがありますが放射線治療の場合は下痢や粘膜の炎症、食欲低下などの症状が見られます。この副作用は半年を過ぎるとなくなると言われていますので、安心です。抗癌剤治療の場合は数年間も辛い症状に悩まされ続けなければなりませんので、放射線治療がいかに気楽かということが分かります。

放射線治療を受ける際はまず、診療計画を立てなければなりません。CTやX線を利用してどの部分に癌が出来ているか把握した上で、放射線を当てる時間などを決めます。治療計画を立てた後は治療をして経過観察を行ないます。治療後最初は副作用がなくてもしばらくしてから症状が表れることもありますので、しばらくは観察してもらわなければなりません。
放射線治療には受診制限がありますので、その点をクリアしているのか確かめる必要性もあります。

こまめな検査が重要

患者と看護師

生活習慣や食生活が悪い方、菌を持っている方は胃がんになりやすい傾向にあります。症状に気づくのが遅い疾患のため、定期的な検査が必要でしょう。もしも、胸焼けや吐き気などの症状が表れた場合は診察してもらうと良いです。

詳しく読む

新しい治療法

ドクターと患者

数多くの治療法がありますが、免疫療法は副作用のない治療法として今注目を集めています。患者自身の免疫細胞を利用してがん細胞に攻撃するため、副作用を減らすことが可能なのです。

詳しく読む

Copyright© 2016 身体を蝕む細胞は徹底破壊|癌は放射線治療で取り除くことが出来る All Rights Reserved.